公的年金への加入

どのような会社が公的年金に入らなければならないのでしょうか

社会保険(健康保険・厚生年金)や労働保険(労災保険・雇用保険)に法律で加入することを義務付けられている会社は、次の通りです。(フルタイムがいる建設業を前提とします)

セル1 セル2

 

法人経営

(株式会社・有限会社)      

 全ての公的年金(社会保険・労働保険)に加入しなければなりません。

 

個人経営

 

 

 ①常時雇用する労働者が5名以上

 法人の会社と同じく、全ての公的年金(社会保険・労働保険)

 に加入しなければなりません。

 ②常時雇用する労働者が5名未満

 社会保険への加入は不要であり、労働保険のみ加入が義務づけ 

 られています(労働者は自分の負担で国民健康保険と国民年金  

 第1号被保険者に加入となります)