人事労務サポート

社会保険労務士は、中小企業の事業主や従業員の皆様のために奉仕する
人事・労務のプロフェッショナルです。
中小企業の皆様が人事・労務業務でお困りのとき、
事業主の皆様の強力なバックアップを行います。 

社員を雇用したら…

社員を雇用すれば、原則として労働保険(労災保険・雇用保険)や社会保険(健康保険・厚生年金保険)の加入手続きを行わなくてはなりません。
加入手続きをするためには、まず最初に労働保険・社会保険の新規適用届を関係官庁等に届け出ることが必要になります。

 

その次は賃金規定

次に、従業員に対してどのような賃金を支払うのかの取り決め(賃金規定)が必要になります。そして、賃金規定で定めた支給額から社会保険料・雇用保険料・源泉徴収税額等控除額を正確に計算して支払う、給与計算業務が毎月発生し、処理を行わなければなりません。

また、社員のモラルを喚起して労働生産性を高めるための人事考課等の諸方策は、事業主として重要な課題となります。

そして就業規則

その一方で、悪行を働く従業員には懲戒処分を行いますが、そのためには根拠となる就業規則が整備されていることが必要です。
就業規則は、会社の憲法といえるもので、会社の働く者のルールとしてとても大切なものであり、事業主の理念や意向を適格に反映した就業規則作りが必要です。